Quarkボリュームライセンスプログラム

現在日本では、QuarkXPressサイトライセンス製品の新規購入またはアップグレード時に、ご購入ライセンス数により適用されるボリュームディスカウントを提供しています。サイトライセンス製品とは、2ライセンス以上任意の複数ライセンスからなるQuarkXPressと、ライセンス管理ツールであるQuark License Administrator(QLA)をセットにした製品で、複数ライセンスを一つのシリアル番号で管理できるため、インストール後のライセンス管理の手間が軽減できます。

サイトライセンスを導入すると以下のようなメリットがあります。

  • 導入コストを大幅削減
    サイトライセンス製品は、インストールに必要な製品は1ライセンスのみで、インストールできるマシンの台数に制限がありません。インストールしたマシンの中から、購入ライセンス数を上限にQuarkXPressを同時使用することができます。 購入ライセンス数が2ライセンス以上の場合には、ライセンス数毎にボリュームディスカウントの価格が適用されます。
  • 効率的なライセンス運用、きめ細やかなライセンス管理の実現
    QLAクライアントの機能により、ライセンス使用状況の常時確認が可能で、これを元にマシン毎やログインユーザー毎にライセンス使用の優先権を設定できます。また、部署単位でのQuarkXPressの使用ライセンス数も把握でき、使用頻度の高い部署に優先してライセンスを割り当てるなど、効率的なライセンス運用が可能です。
  • QuarkXPressを持たない外部制作会社、デザイナーをサポート
    リモートライセンス機能により、ネットワーク外のマシンでQuarkXPressを起動するためのライセンスファイルを作成できます。ライセンスファイルをメールなどで遠方の関連会社や外部制作会社に送ることで、QuarkXPressのライセンスを所有していない場合でも(QuarkXPressアプリケーションのインストールは別途必要)、ライセンスファイルに設定された使用期限までQuarkXPressを使うことができます。
  • ライセンス認証不要でマシン初期化・再インストール時の手間を軽減
    シングルライセンス製品で採用されているライセンス認証(アクティブ化)は、QLAで管理されるQuarkXPressでは不要です。 クライアントマシンのOSの初期化時等に発生するライセンス認証の手間を省略します。

サイトライセンス製品のご購入についてはQuark正規販売店へお問い合わせください。

セールス担当に問い合わせる

Quark License Administrator(QLA)

QuarkXPressサイトライセンス製品はQuark License Administrator(QLA)によって管理されます。

QLAは、Quark製品の複数ライセンスのインストール管理を簡素化し、ユーザーアクセスの制限を容易にします。また、ライセンスの追加も可能なため、ワークフローのニーズにあわせてライセンスを増やすことが出来ます。QLAを使用することにより、すべてのQuarkXPressのライセンスを一括管理できます。QLAの詳細はこちらをご覧ください。