精度の高い組版

組版とは1つの表現形式です。QuarkXPressには、強力な組版を作成するために必要なツールがあります。

完璧を目指す場合、QuarkXPressには必要なツールがすべて揃っています。

完璧までは求めていない場合でも、QuarkXPressにはプリセットやデフォルトの動作があり、細かい部分まで注意を払わなくてもプロフェッショナルな外観を実現できます。

主要な機能


ぶら下がり文字

完璧なマージン揃えの実現

QuarkXPress®のぶら下がり文字機能を使用すると、特定の文字を段落のマージンの外に「ぶら下げる」ように指定できます。これにより、段落の各行の先頭と最後の文字がそれぞれ完全に揃います。

たとえば、ハイフン、ピリオド、カンマ、引用符、アポストロフィを含むぶら下がり文字クラスを作成し、文字をぶら下げる条件(行頭、行末、またはドロップキャップス)を指定します。ぶら下がりの率も制御できます。

次に、いくつかのぶら下がり文字クラスを組み合わせて1つのぶら下がり文字セットにして、そのぶら下がり文字セットを段落や段落スタイルシートに適用します。QuarkXPressに内蔵のプリセットを使用することも、独自のセットを作成することも可能です。さらに、ぶら下がり文字クラスとセットをワークグループ内で共有することもできます。

QuarkXPressのぶら下がり文字機能を使用すると、特定の文字を段落のマージンの外に「ぶら下げる」ように指定できます。これにより、段落の各行の先頭と最後の文字がそれぞれ完全に揃います。



箇条書きおよび番号付きリスト

箇条書き、番号付きリスト、アウトラインを簡単に作成および管理できます。


箇条書き記号、自動番号、アウトラインスタイルの機能によって、QuarkXPress®で箇条書き、番号付きリスト、アウトラインを簡単に作成および管理できます。箇条書きの記号や番号を手作業で挿入したり、箇条書きに合わせて段落のフォーマットを手作業で調整したりするのではなく、箇条書きの記号や番号のスタイルをドロップダウンメニューから選択するだけです。

複数レベルのアウトラインのインデントを手作業で調整するのではなく、ローカルフォーマットを作成せずに、ボタンをクリックするだけでインデントを変更できます。また、リストの番号をQuarkXPressで管理できるため、手作業で管理する手間が省かれます。

動作紹介

  1. すぐに使用する場合は、デフォルトの箇条書きの記号または番号のスタイルからいずれかをテキストに適用するだけです
  2. 複雑なデータを表示する場合は、必要な箇条書きの文字や番号のフォーマットで独自のアウトラインスタイルを作成します
  3. 箇条書きの記号、番号、アウトラインスタイルを段落スタイルシートと関連付けます

特長

  • Microsoft® Wordフォーマットのテキストを取り込む際および書き出す際に、自動的に箇条書きの記号や番号が維持されます
  • 独自の箇条書きの記号、番号、アウトラインスタイルを作成できます
  • 固有のアウトラインを最大9レベルまで設定できます
  • 文字スタイルシートを箇条書きの記号および番号のスタイルと関連付けることができます。または段落からフォーマット設定を継承できます
  • 箇条書きの記号および番号のオフセット、配置、相対サイズまたは絶対サイズを管理できます
  • メジャーパレットから箇条書きの記号、番号、アウトラインスタイルに簡単にアクセスできます
  • 自動的に番号が再設定されます
  • ジョブジャケット®内に箇条書きの記号、番号、アウトラインスタイルを格納できます


ページグリッドとグリッドスタイル

テキストやオブジェクトの揃えを制御

QuarkXPress®では、ページグリッドやグリッドスタイルを使用して、異なるボックス内のテキスト行を同じベースラインで揃えることができます。ページごとに、あるいは同じページ上の各ボックスに対して、異なるグリッドを適用することができます。マスターページガイドとともに使用すれば、グリッドスタイルによって単調な行揃えの作業を何時間も短縮できます。

ページグリッドはページ単位での適用が可能なので、1つのレイアウトの中でそれぞれのページに異なる揃えオプションを使用することができます。

グリッドスタイルは、フォントサイズ、行間隔、セル揃え(東アジアの組版用)、及びその他のオプションに基づいて、異なる揃えオプションを指定します。グリッドスタイルパレットを使ってグリッドスタイルを適用できます。

ボックスに適用されているグリッドスタイルにその中のテキストを揃えるか、あるいは、ページに適用されているグリッドに揃えるかを、段落単位で指定できます。

グリッドラインは自由に表示・消去が可能で、グリッドスタイルを適用したときに(トップライン、センターライン、ベースラインなど)いずれのラインを表示するかまで指定できます。

QuarkXPressでは、ページグリッドやグリッドスタイルを使用して、異なるボックス内のテキスト行を同じベースラインで揃えることができます。


リンクスター

オーバーフローを伴わずにテキストボックスのリンク解除および再リンクを実行


リンクスター®では、オーバーフローを発生させずにテキストボックスのリンクを解除できます。チェーンの各ボックスのすべてのテキストが、リンクを解除した後もそのボックス内に残ります。また、リンクスターでは、上述の方法でリンク解除された(またはすでにテキストが含まれている)ボックスの再リンクも可能です。この機能は、テキストフローの編集で、特定のページのコンテンツを別のページに移動させない場合に役立ちます。

動作紹介

  • 1つまたは複数のボックスを選択します。リンクスターダイアログボックスが表示されます。コントロールを使用して、ボックスのリンク、リンク解除、または再リンクを行います

特長

  • 1つのボックス、複数のボックス、またはレイアウト内のすべてのボックスに対して、リンクまたはリンク解除が可能です
  • 連続していないページのボックスもリンクまたはリンク解除できます
  • ページがシーケンスベースであるかセクションベースであるかを指定できます

ストーリーエディタ

レイアウトを気にせずにテキストに集中

QuarkXPress®のストーリーエディタ機能で、レイアウト上でのテキストの外観を気にせずに、見やすいワードプロセッサ的なビューでテキストを使用できます。この機能は、テキストが小さい、回転している、複数のページにわたっている、レイアウト上で見にくいような場合などに非常に便利です。フォントやサイズを自由に選択してテキストを表示し、レイアウト上のフォーマットに影響を与えずに編集できます。

特長

  • 自由なフォントやサイズでテキストの表示や編集ができます
  • オプションとして、ボールドやイタリックの表示や適用が可能です
  • レイアウト上の改行も表示されます
  • ストーリーエディタ機能用に新しいビューやウィンドウを作成して、テキストとレイアウトを同時に表示できます

東アジア言語の組版機能

日本語、中国語(繁体字)、中国語(簡体字)、韓国語レイアウトで精緻なコントロール

QuarkXPress®では、レイアウトアーティストは、東アジアの組版ルールに従って、縦組み、ぶら下がり文字、約物の幅の処理、ルビ、フォントセット、文字グリッド、縦組み中の文字回転、インテリジェントなフォントマッピングなどを指定できます。

QuarkXPressは、東アジアの組版ルールを幅広くサポートしています。同じレイアウト内で縦組みと横組みのテキストを混在させることや、(頭字語など)一連の文字をグループ化して縦組みストーリーに適切に配置することができます。

以下が可能です

  • 全角約物が行頭、行中、行末のどこにあるか、また、他の約物と連続しているかなどに従って約物の幅を制御します。
  • ぶら下がり文字の既定義文字クラスとセットを使ってテキストをマージンで揃えたり、用途に合わせて独自のクラスやセットを設定したりすることができます。
  • 文字にルビを適用することだけでなく、言語によっては、システム辞書からルビ文字を自動的に読み込むことも可能です。

文字グリッドに関して、QuarkXPressは最高の機能を提供しています。ページごとに、あるいは同じページ上の各ボックスに対して、異なるグリッドを定義することができます。ベースラインの位置やセル揃えの正確な制御や、ガイドをトップライン、センターライン、ベースライン、または全セルに表示する指定が行えます。

QuarkXPressは、東アジア言語のフォントにも配慮しています。フォントが見つからない場合、フォントフォールバック機能により、代替のボックスではなく識別可能な文字が表示されます。また、ユーザー定義のフォントマッピングルールにより、UDA/VDA文字を使用するプロジェクトを適切に処理することができます。


字形パレット

簡単に任意の文字にアクセス

字形パレットで、最近使用されているUnicode®やOpenType®などの、任意のフォントの文字に対してすばやく視覚的にアクセスできます。ダブルクリックまたはクリック&ドラッグで、テキストに文字を挿入できます。すぐにアクセスできるように、必要な文字を保存することもできます。

字形パレットを使用すると、入力方法がわからない字形を検索したり、特定のフォントで使用できるすべての文字を表示したりできます。


テキストを画像ボックスやテキストボックスに変換

QuarkXPressでは、2~3文字または段落全体のテキストを選択して、そのテキストを1つのコマンドでボックスに変換できます。その後、そのボックスに対してカラーやイメージを適用できます。また、テキストも適用できます。

テキストをボックスに変換して、その後にそのボックスに画像を取り込むことによって、デザインにフレアを適用して特殊な効果を作成できます。また、テキストからボックスへの変換機能を使用して、出力の送信時にフォントファイルが送信されないようにすることもできます。


複雑なパスに対するテキストの回り込み

QuarkXPressでは、業界標準のベジエツールで思い通りの形状を作成できます。また、完全な組版制御によって、その形状に沿ってテキストを回り込ませることができます。

一般的な技術である、パス上のテキストを使用して、さまざまな効果を作成できます。


独自のカーニングペアとトラッキングカーブの作成

フォントに組み込まれた自動カーニングテーブルを使用するか、独自のカーニングペアの値でテーブルを上書きできます。また、独自のトラッキングカーブを作成して、テキストのポイントサイズに応じて文字間隔を調整することもできます。

QuarkXPress®では、独自のカーニングペアとトラッキングカーブでテキストを制御できます。独自のカーニングペアを設定することによって、要件に合うように文字間を自動的に制御できます。この機能によって時間が節約され、インスタンスごとにカーニングを調整する必要がなくなります。


特殊文字

簡単に任意の特殊文字にアクセス

QuarkXPressでは、複数の方法で特殊文字を挿入できます。字形パレットを使用すると、フォント内のすべての文字を表示して、ドキュメントに簡単に挿入できます。メニューアイテムを使用すると、特殊キャラクタやその他の種類の特殊文字を挿入できます。また、QuarkXPressには、よく使用する特殊文字のためのキーボードショートカットがあります。

特殊文字の入力方法が思い出せませんか?心配は不要です。QuarkXPress®では、特殊文字にすばやくアクセスできます。特殊文字の検索で時間を無駄にしません。


独自のH&J仕様の作成

H&J(ハイフネーション&ジャスティフィケーション)機能を使用すると、単語のハイフネーションを完全に制御できます(または、ハイフネーションを行わないようにできます)。また、H&J機能では、テキストの両端揃えの方法もすべて制御できます。複数のH&Jの設定を作成して、各設定を同じテキスト内の異なる段落に適用することができます。

QuarkXPress®では、ハイフネーションとジャスティフィケーションのルールを管理して、テキスト内の改行を正確に制御できます。


UnicodeとOpenTypeの利用

QuarkXPressではUnicodeとOpenTypeをすべてサポートしているため、スワッシュ文字、任意の合字、文字の代替バージョン、序数、代替メトリクス、その他の多数のフォント機能に簡単にアクセスできます。

OpenType書式セットのサポート

新しいデジタルフォントでは、関連する代替文字を書式セットにグループ化し、まとめてオン/オフが可能になりました。 たとえば、Friedrich Althausenによるフリーボディ書体のVollkornでは2つの書式セットが提供され、簡単に切り替え可能です。 1つは標準的な「従来型」の本文テキスト用のセットで、もう1つの「プレーンな」書式セットは、本文テキスト全体の外観を保持しながら、より見出しに適しています。 QuarkXPressのOpenTypeサポートに書式セットのサポートが追加され、この強力な機能を使用して、すぐに組版の自動化が可能になります。


未定義キャラクタの代替

不足フォントをインテリジェントに処理

未定義キャラクタの代替機能により、フォントが不足している場合には適切な代替フォントが代用されます。このため、四角形や疑問符ではなく、文字が表示されます。

QuarkXPress®では、不足している字形など、デザインやレイアウトでよくある問題を予測して対応できます。未定義キャラクタの代替機能を使用すると、現在のフォントがサポートされていないレイアウトにテキストを挿入した場合の処理方法を指定できます。


カスタムアンダーラインスタイルの作成

さまざまな幅、カラー、シェード、オフセットによって、テキストに対して独自のアンダーラインスタイルを作成できます。

アンダーラインのカラー、シェード、幅、およびオフセットを変更することによって、デザインに文字を追加できます。


印象を高めるプロフェッショナルレベルのテキストフォーマット

QuarkXPressでは20年以上前に高度な組版を取り入れました。その後もさらに機能を向上させています。QuarkXPressを使用すると、理想の組版を現実のものにできます。


カーニングおよびトラッキングの適用

QuarkXPressのカーニング機能とトラッキング機能を使用すると、文字ペアの間隔を完全に制御できます。自動的に行うか手作業で行うかは選択できます。また、単語、行、段落内のすべての文字間のスペースを操作することによってテキストを割り付けできます。


プレースホルダの挿入

ロレムイプサムテキストをすぐに生成

コンテンツの準備ができ、最終的なレイアウトの見た目を確認するためにボックスにテキストを適用する必要はありませんか。QuarkXPressでは、プレースホルダの挿入コマンドによって簡単にテキストを適用できます。

デザインに入れるコピーを待ちますか?コピーが必要で最終版のテキストがない場合には、プレースホルダの挿入コマンドを使用できます。

さらに、下記のような機能もあります

  • フォントマッピング
  • 例外ハイフネーション
  • テキストの検索/置換
  • ホットスワップ可能なユーザーインターフェイス言語
  • カスタムのテキスト回り込み
  • 38テキストの言語と34の言語で/ハイフネーションをスペルチェック