ホーム / 製品 / QuarkXPress / QuarkXPressのトレーニング / App Studio手順紹介

App Studio手順紹介

App Studioを使用してiPadに発行する手順を示すクイックリファレンスです。

このページは、プロセスの各手順で必要なそれぞれのリソースを参照できるように作成されています。ここで紹介する手順を利用する前に、必ず『A Guide to App Studio』を参照してください。

重要なサポートリソース:


  1. 開始

手順

その他のリソース

  2. コンテンツのデザイン

手順

  • QuarkXPress 9.1以降を使用してデザインし、コンテンツにリッチ化を追加します。
  • QuarkXPressからコンテンツ(.zave)ファイルを書き出します。
  • iPadでApp Studio Issue Previewerを使用して、書き出したコンテンツファイルをプレビューします。

その他のリソース

  3. オンラインセットアップの実行

手順

  • アプリをApp Storeに出品できるように、Apple iOSデベロッパとして登録します(99ドルから)。
  • App Studio Publishing Portalでアカウントを作成します。タイトルまたはコレクションを作成し、アプリをセットアップして、アプリ証明書をダウンロードします。

その他のリソース

  4. アプリの作成

手順

  • App Studio Factoryを使用してアプリテンプレートを選択し、カスタマイズします。
  • iOS Simulator(シミュレータ)またはiPad上でアプリをテストします。

その他のリソース

  5. ライセンスの購入

手順

App Studio Factoryアプリテンプレートライセンスの利用方法

  1. Quark App Studio Publishing Portalにログインし、アプリをクリックします。アプリの仕様画面が表示されます。
  2. 左側のリストで対象のアプリをクリックします。
  3. このアプリのテンプレートで、アプリテンプレートの追加をクリックします。発行用ライセンスの購入ストアの画面が表示されます。
  4. フィールドにシリアル番号を入力し、入力をクリックします。
  5. OKをクリックします。ポータルでアプリ証明書が更新されます。

App Studioイシューライセンスパックの利用方法

  1. Quark App Studio Publishing Portalにログインし、ホームページで発行用ライセンスの購入をクリックします。
  2. フィールドにシリアル番号を入力し、入力をクリックします。

その他のリソース

  6. セットアップとテストの完了

手順

  • 最終コンテンツファイルをQuarkXPress 9.1以降から書き出し、ウェブサーバーにアップロードします。
  • Publishing Portalでコンテンツファイルを登録します。
  • 登録したコンテンツを使用して、iPadでアプリをテストします。

その他のリソース

  7. アプリの送信

手順

  • アプリをAppleに送信して承認を求めます。App Storeでアプリを公開する期日は別途選択できます。
  • アプリの送信後、Appleによってアプリが確認され、承認されるとその旨が通知されます。
  8. 2回目以降

手順

  • 以降のコンテンツでは、手順2、5、6(アプリの手順をすべて省略)を繰り返します。*
    *Single Embedded Issueのアプリ(単独のコンテンツが埋め込まれているアプリ)には該当しません。

 

Powered by