ホーム / 製品 / Quark Publishing System / 動作紹介

動作紹介

Quark Publishing Systemを使用することで、パブリッシングに関する固有のニーズに対応するグループ作業ワークフローを設定し、またコンテンツの作成および管理からクロスメディアコミュニケーションの配信まで、パブリッシングプロセス全体を自動化および効率化することができます。

コンテンツの作成

Quark Publishing Systemでは、ナレッジワーカー、ライター、および編集者がさまざまな方法でコンテンツを作成することができ、次のようなアプリケーションを使用できます。

  • Microsoft Word - WordドキュメントをQuark Publishing Systemにチェックインすることで、ワークフロー内の他のユーザーがアクセスして編集および改訂できます。
  • QuarkCopyDesk - 作成者がテキストを作成、改訂、割り付けできるデスクトップアプリケーションです。
  • Quark XML Author - 構造化されたXMLコンテンツをMicrosoft Wordで作成できます。
  • Quark Publishing Systemのブラウザベースのエディタ - 主要なすべてのウェブブラウザで機能します。チェックインとチェックアウトが可能で、分散化された内部および外部の関係者を簡単に接続して、必要なときに必要な場所でインターネットを介して作業を行うことができます。

QuarkCopyDeskとMicrosoft WordはどちらもQuarkXPressに統合されているため、WordファイルまたはQuarkCopyDeskファイルでコンテンツを変更すると、対応するQuarkXPressのレイアウトが更新されます。逆も同様です。1つのWordファイルまたはQuarkCopyDeskファイルのコンテンツは、複数のQuarkXPressレイアウトで使用できます。コンテンツを変更すると、すべてのQuarkXPressレイアウトが更新されます。

デザイナーは、標準的なデザインツールであるQuarkXPress、Adobe Illustrator、Adobe Photoshopを使用できます。

また、データベース、スプレッドシート、およびその他のビジネスシステム(ERPシステムなど)などのソースからデータをドキュメントに取り込むことで、ドキュメントにデータをコピー&ペーストするなどの手動による手順をなくすことができます。自動化されたデータ統合は、特にダイレクトメールや特定の対象者向けの投資調査レポートなど、ターゲットを絞ったコミュニケーションの作成に役立ちます。またデータ集約型のドキュメントにおける人為的なミスのリスクをなくすために有益です。

ワークフローとグループ作業

Quark Publishing Systemを通じて、複数のユーザーが1つのプロジェクトに対して同時に作業を行い、コンテンツとレイアウトをリアルタイムで更新することができます。システムが自動的にアセットをルーティングし、ユーザーに新しいタスクを通知するため、チームメンバーは常に作業の割り当てを把握することができます。出版物またはプロジェクト、およびそれらの固有のワークフローを1つのシステム内で無制限に作成することができます。また、システムへのアクセスを制御して、一部のチームメンバーを特定のプロジェクト内の作業に限定し、他のメンバーには複数のプロジェクトでの作業を許可することも可能です。

コンテンツの管理

コンテンツは、Quark Publishing Systemで直接管理するか、Microsoft SharePointなどのコンテンツ管理システム内で管理できます。そのため、組織内のすべてのコンテンツについて単一のリポジトリを使用し、すべてのパブリッシングアセットに対する全社的なアクセスを可能にできます。組み込みのリポジトリ、または社内のコンテンツ管理システムを使用して、アセットのバージョンやリビジョンが自動的に管理されるようにシステムを設定することができます。

発行と配信

ワークフロー(すべてのコンテンツが最終承認された場合など)またはスケジュールに基づいて、あるいはオンデマンドで、自動パブリッシングプロセスを開始することができます。

Quark Publishing Systemでは、コンテンツとデータ両方を含むすべてのソースから最新情報を収集することで、自動パブリッシングプロセスが開始されます。コンテンツはドキュメントに集版され、発行に必要な変換が行われ、多様な印刷物やデジタルパブリッシング形式で出版物が作成されます。

印刷形式およびFlash形式はQuarkXPress Server で生成されます。ここではQuarkXPressテンプレートを使用してコンテンツがレイアウトされ、最終的な発行形式(PDF、EPS、PostScript、Flash)で配信されるか、送信前にデザイナーが手作業で仕上げることができるQuarkXPressファイルが生成されます。

技術文書など、Quarkの豊富なデザイン機能を必要としないドキュメントタイプの場合は、XSL-FOを使用してPDFファイルを作成することができます。

Quark Publishing Systemを使用したウェブへの発行では、印刷コンテンツをXMLに変換してから(印刷からウェブパブリッシング用に)HTMLに変換するか、元のXMLコンテンツをHTMLに直接変換(ウェブファーストパブリッシング)することができます。どちらの場合も、Quark Publishing SystemではXMLまたはHTMLをウェブコンテンツ管理(WCM)システムに直接送信することができます。

Quark Publishing Systemでは、印刷ドキュメントまたはXMLファイルを各デバイスに適した形式に変換することで、デジタルデバイス(iPhone®やiPad™などのスマートフォンやタブレットで実行されるアプリケーションなど)に発行します。

Download Free Whitepaperダイナミックパブリッシングの事例

無料ホワイトペーパーをダウンロード

お客様の声

「Quark Publishing Systemは、自動化によるプロセスの高速化と標準化に役立っています。」

- Dr. Roland Klose
IT Director、Spiegel Group