ホーム / 製品 / Quark Publishing System / QPS 9.0 必要システム構成

QPS 9.0 必要システム構成

下記のQPS必要システム構成は、基準となる構成ではありますが、ユーザー数、アセッ ト数、およびアセットリビジョン数によってシステムパフォーマンスは変動します。ア スタリスクが付いた要件は、これらの変動要素によって影響を受けます。これらの変動 要素を考慮するためのガイダンスについては、「推奨ハードウェア構成」を参照してく ださい。RAM要件は、コンピュータ上の他のサードパーティアプリケーションを考慮し ていません。また、QuarkXPress Server、QuarkXPress、およびQuarkCopyDeskの 要件は下記には含まれていません。これらのアプリケーションのシステム要件について は、それぞれのReadMeファイルを参照してください(アプリケーションフォルダのルー トレベルにある"Documents"フォルダに保存されています)。

本書に記載されたオペレーティングシステムの要件には、最新のパッチおよびサービス パックが含まれています。

QPSは、VMWare ESXi対応確認済みです。QuarkXPress Serverは、QPSの一部として のみVMWare ESXi対応確認済みです。

QPSは、Citrix Presentation Server 4.5およびCitrix XenApp 5.0との動作が確認され ています。

QPS Server: Mac OS®

ハードウェア

  • 合計4GBのRAM(少なくとも、RAMの合計空き容量の半分をQPS Serverに割り当てる ことをお勧めします)*
  • 1GBのハードディスクの空き容量*
  • TCP/IPネットワーク(Gigabit Ethernetを推奨)

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

ソフトウェア

  • Mac OS® 10.4.11、Mac OS 10.5.8、またはMac OS 10.6.4
  • Mac OS Server 10.4.11、Mac OS Server 10.5.8、またはMac OS Server 10.6.4
  • Java™ Development Kit(JDK™)1.5または1.6
  • Quark License Administrator(QLA)4.5(QPS ServerおよびQuarkXPress Server に必要になります)
  • QuarkXPress Server(QuarkXPress ServerはQPS Serverに必要になります。QPS Serverをインストールおよび実行するコンピュータとは別のコンピュータでQuarkXPress Serverをインストールおよび実行し、パフォーマンスを向上させることをお勧めします)

サポート対象のプラットフォーム*

  • Intelプロセッサ(推奨)
  • Mac OS X Serverソフトウェアが稼動しているIntel® Xserveコンピュータ
  • G5 PowerPC®プロセッサ(サポート対象ですが、非推奨)
  • Mac OS X Serverソフトウェアが稼動しているG5 Xserve®
  • Mac OS X Serverソフトウェアが稼動しているMac Pro

QPS Server: Windows®

ハードウェア

  • 合計4GBのRAM(QPS Serverにできるだけ多くのRAMを割り当てることをお勧めしま す。ただし、Windows®で約1.6GBを超える割り当てを行うことはできません)*
  • 1GBのハードディスクの空き容量*
  • TCP/IPネットワーク(Gigabit Ethernetを推奨)

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

ソフトウェア

  • Microsoft® Windows Server 2003(Standard EditionまたはEnterprise Edition、 32ビットまたは64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008(Standard EditionまたはEnterprise Edition、32 ビットまたは64ビット)
  • .NET Framework 3.5 SP1
  • Java Development Kit(JDK)1.6
  • Quark License Administrator(QLA)4.5(QPS ServerおよびQuarkXPress Server に必要になります)
  • QuarkXPress Server(QuarkXPress ServerはQPS Serverに必要になります。QPS Serverをインストールおよび実行するコンピュータとは別のコンピュータでQuarkXPress Serverをインストールおよび実行し、パフォーマンスを向上させることをお勧めします)

サポート対象のプラットフォーム*

  • マルチコアXeon®プロセッサベースのサーバー
  • Intel® Core™ 2 Duo
  • VMware ESXi(仮想化プラットフォーム)必要システム構成

QPS Database*

  • 埋め込みモードのHSQL DB 1.8(インストール時にHSQL DBを選択した場合、QPS Serverインストーラによってこのデータベースが埋め込みモードでインストールされま す)
  • Microsoft SQL Server 2005 SP2またはMicrosoft SQL Server 2008 SP1、Standard EditionまたはEnterprise Edition
  • Red Hat Enterprise Linux 5、Microsoft Windows Server 2003またはMicrosoft Windows Server 2008上で動作するOracle Database 10g Release 2(10.2.0.4)

Microsoft SQL Serverデータベースを使用する場合、先にMicrosoft SQL Serverをイ ンストールする必要があります。WindowsでOracleデータベースを使用する場合には、 まずOracleをインストールする必要があります。次に、インストーラである"QPS Server.exe"をWindowsで実行してQPS Databaseのインストールをクリックし、画面 の指示に従って、QPSスキーマをMicrosoft SQL ServerデータベースまたはOracleデー タベースに作成します。

QPS File Server: Mac OS

ハードウェアオプション

  • 合計2GBのRAM*
  • 5~150GBのハードディスクの空き容量(アセット数によって異なります)*
  • TCP/IPネットワーク(Gigabit Ethernetを推奨)

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

ソフトウェア

  • Mac OS X Server 10.4.11、Mac OS X Server 10.5.8、またはMac OS 10.6.4

サポート対象のプラットフォーム*

  • Intelプロセッサ(推奨)
  • Mac OS X Serverソフトウェアが稼動しているIntel® Xserveコンピュータ
  • G5 PowerPC®プロセッサ(サポート対象ですが、非推奨)
  • Mac OS X Serverソフトウェアを実行するG5 Xserve®(サポート対象ですが、非推奨)
  • Mac OS X Serverソフトウェアが稼動しているMac Pro

独立したコンピュータをQPS File Serverとして使用することは可能ですが、QPS File Serverによって読み取り処理と書き込み処理が最適化されるため、QPS ServerをQPS File Serverと同じコンピュータにインストールして実行することをお勧めします。QPS ServerとQPS File Serverを同じコンピュータで組み合わせる場合、QPS File Serverに 必要な5~150GBに、QPS Serverのファイル用に1GB(概算値)を追加してください。

QPS File Server: Windows

ハードウェア

  • 合計2GBのRAM*
  • 5~150GBのハードディスクの空き容量(アセット数によって異なります)*
  • TCP/IPネットワーク(Gigabit Ethernetを推奨)

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

ソフトウェア

  • Microsoft Windows Server 2003(Standard EditionまたはEnterprise Edition、32 ビットまたは64ビット)
  • Microsoft Windows Server 2008(Standard EditionまたはEnterprise Edition、32 ビットまたは64ビット)

サポート対象のプラットフォーム*

  • Windows 2003 Server SP2 Standard EditionまたはEnterprise Edition(推奨)が稼 動しているIntel vPro™テクノロジーおよびIntel Core 2 Duo
  • Windows 2003 Server SP2 Standard EditionまたはEnterprise Editionが稼動してい るシングルプロセッサのIntel® Pentium® 4/Pentium D/デュアルプロセッサのXeon

独立したコンピュータをQPS File Serverとして使用することは可能ですが、QPS File Serverによって読み取り処理と書き込み処理が最適化されるため、QPS ServerをQPS File Serverと同じコンピュータにインストールして実行することをお勧めします。QPS ServerとQPS File Serverを同じコンピュータで組み合わせる場合、QPS File Serverに 必要な5~150GBに、QPS Serverのファイル用に1GB(概算値)を追加してください。

QPS File Server: Solaris

ハードウェア

  • SPARC™ベースまたはx64/x86ベースのシステム
  • 合計2GBのRAM
  • 5~150GBのハードディスクの空き容量(アセット数によって異なります)*

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

ソフトウェア

  • Sun™ Solaris™ 8以降

QPS Connect Client: Mac OS

ハードウェア

  • 合計1GBのRAM*
  • プログラムファイル用に500MBのハードディスクの空き容量、チェックアウト済みア セットを格納するための十分なハードディスクの空き容量
  • TCP/IPネットワーク

ソフトウェア

  • Mac OS X 10.5.8またはMac OS X 10.6.4

サポート対象のプラットフォーム*

  • Intel Core DuoまたはIntel Core 2 Duoプロセッサ搭載のiMac
  • Mac OS Xクライアントソフトウェアが稼動しているIntel Core DuoまたはIntel Core 2 Duoプロセッサ搭載のMacBookまたはMacBook Pro
  • Mac OS Xクライアントソフトウェアを実行するMac Pro
  • Intel Core DuoまたはIntel Core 2 Duoプロセッサ搭載のMac mini

QPS Connect Client: Windows

ハードウェア

  • 合計1GBのRAM*
  • プログラムファイル用に500MBのハードディスクの空き容量、チェックアウト済みア セットを格納するための十分なハードディスクの空き容量

ソフトウェア

  • Microsoft Windows XP Professional Edition、またはWindows 7 Businessまたは Ultimate
  • .NET Framework 3.5 SP1

サポート対象のプラットフォーム*

  • Windows XP Professional Editionが稼動しているIntel Core 2 Duoプロセッサまたは Windows 7 Professional Edition
  • Windows XP Professional Editionが稼動しているIntel XeonプロセッサまたはWindows 7 Professional Edition
  • Windows Vista (Business EditionまたはUltimate Edition)が稼動しているIntel vPro テクノロジーおよびIntel Core 2 DuoまたはWindows 7 (Business Editionまたは Ultimate Edition)が稼動しているIntel vProテクノロジーおよびIntel Core 2 Duo
  • Windows XP Professional Editionが稼動しているIntel Pentium 4プロセッサまたは Windows 7 Professional Edition必要システム構成

QPS Web Hub

  • Mozilla Firefox 3.6.x(Mac OSまたはWindows)、Microsoft Internet Explorer 7.x (Windows)、Microsoft Internet Explorer 8.x(Windows)、Safari 5.x(Mac OS)、Google Chrome 6.x(Mac OSおよびWindows)

推奨ハードウェア構成

以下の要因を考慮して、組織に必要なハードウェアを特定してください。変動要素には、 ユーザー数、アセットの数、アセットの種類(サイズの小さいテキストファイル、サイ ズの大きい画像ファイルなど)、アセットのリビジョン数があります。アセットを検索 するとき、QPS Serverのパフォーマンスはマスターファイルの数(各アセットの現在の バージョン)に左右されます。リビジョンの数はQPS Serverのパフォーマンスに影響し ませんが、リビジョン番号の変動要素はQPS File Serverに必要なディスク容量に影響し ます。また、複数のユーザーからの検索処理数を増やしても、QPS Serverのパフォーマ ンスに影響することがあります。

アカウント管理者に問い合わせて、以下の推奨構成に基づいて組織のニーズを特定して ください。小容量、中容量、大容量の各構成は、QPS Connect Clientウィンドウのユー ザーアクティビティ画面に表示されるログオンユーザー数(ユーザーセッション数)に 基づいた推定です。

サーバーコンピュータとしてローエンドのデスクトップコンピュータおよびノートPCを 使用しないことをお勧めします。

小規模のQPSトラフィック

下記の構成で、小規模のQPSワークフロー(約30ユーザーおよび5,000アセット)を適 切に処理できます。QPS Database、QPS Server、およびQPS File Serverを1台のコン ピュータにインストールできますが、QuarkXPress Serverは別のコンピュータで使用す ることをお勧めします。

コンピュータ1:QPS Database(HSQL)、QPS Server、QPS File Server

  • RAM:4GB(1GBはJava Virtual Machineへの割り当て)
  • ハードディスク:1GBの空き容量(アセットに必要な5~150GB以外)
  • RAID:不要
  • CPU:Dual Core Intel(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ2:QuarkXPress Server(2つのサブレンダラ)

  • RAM:4GB
  • ハードディスク:10~20GB(ドキュメントプール用)
  • RAID:不要
  • CPU:Dual Core Intel(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

中規模のQPSトラフィック(オプション1)

下記の構成で、中規模のQPSワークフロー(約50ユーザーおよび20,000アセット)を 適切に処理できます。QPS Database、QPS Server、およびQPS File Serverを1台のコ ンピュータにインストールできますが、QuarkXPress Serverコンピュータ用により多く のRAMを割り当てる必要があります。このオプションでは、、サーバーコンピュータを 2台で構成することを提案しています。

コンピュータ1: QPS Database(HSQL)、QPS Server、QPS File Server

  • RAM:8GB(2GBはJava Virtual Machineへの割り当て)
  • ハードディスク:1GBの空き容量(アセットに必要な5~150GB以外)
  • RAID:1+0を推奨
  • CPU:4 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ2: QuarkXPress Server(4つのサブレンダラ)

  • RAM:8GB
  • ハードディスク:10~20GB(ドキュメントプール用)
  • RAID:不要
  • CPU:4 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

中規模のQPSトラフィック(オプション2)

下記の構成で、中規模のQPSワークフロー(約50ユーザーおよび20,000アセット)を 適切に処理できます。QPS DatabaseにRedundant Array of Independent Drives (RAID)を使用することで、アセットへのアクセスパフォーマンスが向上します。この オプションでは、、サーバーコンピュータを3台で構成することを提案しています。

コンピュータ1: QPS Database(Microsoft SQL ServerまたはOracle)

  • RAM:8GB
  • ハードディスク:20GBの空き容量
  • RAID:RAID 1+0
  • CPU:4 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ2: QPS Server、QPS File Server

  • RAM:8GB(1.5GBはJava Virtual Machineへの割り当て)
  • ハードディスク:1GBの空き容量(アセットに必要な5~150GB以外)
  • RAID:不要
  • CPU:4 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ3:QuarkXPress Server(4つのサブレンダラ)

  • RAM:8GB
  • ハードディスク:10~20GB(ドキュメントプール用)
  • RAID:不要
  • CPU:4 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

大規模のQPSトラフィック

下記の構成で、大規模のQPSワークフロー(150ユーザーおよび60,000アセット以上) を適切に処理できます。この規模を超える要件の場合は、enterprisesupport@quark.com にお問い合わせください。

コンピュータ1: QPS Database(Microsoft SQL ServerまたはOracle)

  • RAM:8GB
  • ハードディスク:40GBの空き容量
  • RAID:RAID 1+0
  • CPU:8 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ2: QPS Server、QPS File Server

  • RAM:8GB(1.5GBはJava Virtual Machineへの割り当て)
  • ハードディスク:1GBの空き容量(アセットに必要な5~150GB以外)
  • RAID:不要
  • CPU:8 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

コンピュータ3:QuarkXPress Server(8つのサブレンダラ)

  • RAM:8GB
  • ハードディスク:10~20GB(ドキュメントプール用)
  • RAID:不要
  • CPU:8 Core Intel Xeon、64ビット(推奨)
  • ネットワーク:ギガビットNIC(推奨)

トップへ戻る

Download Free Whitepaperダイナミックパブリッシングの事例

無料ホワイトペーパーをダウンロード

お客様の声

「Quark Publishing Systemは、自動化によるプロセスの高速化と標準化に役立っています。」

- Dr. Roland Klose
IT Director、Spiegel Group